ヘモグロビンa1cの数値を下げるには|生活習慣を見直そう

微笑む女性

血糖値を下げて健康に

体内

検査値を下げると良いこと

ヘモグロビンa1cは、血液検査をして測定するのですが、検査の結果であらわれている数字は、その方の1〜2か月前の血糖値の変動状況です。糖尿病の治療の目標値としてヘモグロビンa1cの正常値を目指すことが、糖尿病治療の流れとなっています。ヘモグロビンa1cは工夫次第で下げることができます。ヘモグロビンa1cは身体の状況に正直な数値ですので、普段の食事の状況が良くなれば、すぐに分かります。ヘモグロビンa1cの改善は食生活の改善の印となりますので、改善すると、糖尿病の進行を食い止めることができますし、比較的、猶予のある期間の数値ですので、ヘモグロビンa1cが下がると、好きな食べ物を自由に食べることのできる機会も増えます。

注意点があります

まず、ヘモグロビンa1cは、過去の1〜2ヶ月の状況をあらわしているということです。例えば、昨日、飲酒をしたですとか、ケーキを食べたということがすぐに反映するものではないため、血液検査の前日に食事をしている内容が、わかりません。ですので、普段の食生活には、自ら気を付けて食事の内容の把握をしておくことが必要です。基本は朝昼晩3食適量の食事を摂ること、規則正しく食事をしていることが、ヘモグロビンa1cの結果に直接かかわってくるということです。そして、ヘモグロビンa1cを低下させる効果の期待できる食品も市販品であります。粉末やカプセルの形で存在します。それを食事の際に飲用したり、食後にカプセルを摂ることで効果が期待できます。