ヘモグロビンa1cの数値を下げるには|生活習慣を見直そう

微笑む女性

糖尿病を予防するには

ストレッチするレディー

血糖値だけ下がってもダメ

糖尿病になってしまうと、簡単には症状の改善をさせることは難しくなります。また、糖尿病になることにより、様々な病気との合併症にもなることから、健康診断では血糖値をしっかり確認しているという人もいるでしょう。しかし、糖尿病対策では血糖値だけでなくヘモグロビンa1cにも注目する必要があります。健康診断の時に一時的に血糖値が低いとこともあります。血糖値が低くても、ヘモグロビンa1cの数値が高い状態は糖尿病になる危険性があるということです。糖尿病予防をするためには、血糖値だけでなくヘモグロビンa1cの数値もしっかりと確認して、有効なケアをしていくことが大切です。ヘモグロビンa1cの数値が低くなれば、しっかりとした糖尿予防ができている証です。

継続的な管理が大切

ヘモグロビンa1cはブドウ糖とヘモグロビンが結合したものです。ヘモグロビンは酸素と結合をして、体中に酸素を届けるという重要な働きがあります。ヘモグロビンは酸素だけでなく、ブドウ糖と結合するという特徴もあります。血液中にブドウ糖が多い状態が続けば、ヘモグロビンがブドウ糖と結合をしてヘモグロビンa1cが増えることになります。そのため、このヘモグロビンa1cの数値を確認することで糖尿病になりやすいのかの確認ができます。ヘモグロビンa1cを減らすためには、血糖値を下げることが重要です。この血糖値を下げるためには日頃から運動をしたり、血糖値を下げるために有効な成分をサプリから摂取したりと、運動や食事が大切です。この運動や食事では一時的ではなく、継続的な管理が必要となり、その管理が当たり前と感じる生活習慣を送ることが確実な糖尿病予防になります。